今増加している不動産買取業者とは?

今増加している不動産買取業者とは?

今回は、不動産の売却を検討した事がある人であれば一度は耳にした事がある「不動産買取業者」とはなんなのか、そのメリット、デメリットを説明したいと思います。

不動産買取業者とは?

不動産買取業者とはその名の通り、不動産を買い取ってくれる不動産関係の法人を指します。最も多いのは中古マンションですが、室内が痛んでいるお部屋を買い取って、リフォームをして再度販売したり、モデルルームや、賃貸に出し保有する事を目的として不動産を購入する法人の事です。

買取業者に購入してもらうメリットは?

不動産買取業者とは言わば不動産のプロです。その為、一般の個人の方へダラダラと売却活動をするよりもメリットがあります。

1.とにかく早い

不動産買取業者との取引は一般の個人の方への売却よりもかなりスピーディーに行えます。内見もお部屋の広さによりますが、10〜15分程で良いですし、最短1週間ほどで契約を行う事ができます。さらに、最終的な現金化(決済・引渡し)まで含めても、条件が揃えば(抵当権の抹消が不要であるなど)最短2週間あればできてしまいます。

2.インターネットや折り込み広告など、表向きな広告をしなくても売却が可能

これは、売却をしたいが近隣の方や知り合いに売却活動をしている事を知られたくない人にとっては非常にメリットになります。あらかじめ不動産屋が良い条件を出してくれそうな買取業者をピックアップし、買取業者の方に内見してもらうだけなので、表立った集客をしなくて済みます。

3.契約、引渡し後も安心

基本的に買取業者が購入する場合には、売主が瑕疵担保責任を負わなくて良いケースがほとんどです。また、一般の個人の方と違い、住宅ローンを使用する事も無いので、契約も非常に安全です。また契約、決済・お引渡しの日程などに関してもある程度売主に合わせてくれるので、お忙しい方や、次のお住み替え先の予定がある方などにとっては非常にメリットになります。

買取業者に購入してもらう際に注意しなければならない点

不動産買取業者に購入してもらう方が、早くて安全な取引が出来ますが、相手は不動産のプロです。買取業者を検討する際には下記の点に注意が必要です。

1.直接買取には注意が必要

不動産買取業者の中には、仲介業者を挟まずに直接売主から購入をするところもあります。この場合、仲介業者にお支払いする仲介手数料がかからないというメリットがありますが、売主が不動産のプロを相手に直接やり取りをしなければなら無いというデメリットもあります。

基本的には提示された金額や条件が適正なのかなども売主が判断しなくてはならない為、しっかりと仲介手数料をお支払いしてでも、間に仲介業者を入れた方が安心です。

2.一般の個人の方への売却よりも金額的には下がることも

不動産買取業者と言っても、できるだけ安く買いたいという気持ちは一般の方と変わりません。また会社としてしっかりと相場を調べた上で金額の提示をしますので、相場以上の金額というものは出にくいのが事実です。

その為、期間や手間がかかってでも、相場より高く売りたいという方にはオススメできません。

最後に

今回は不動産買取業者に関して説明致しました。あくまで不動産買取業者とは選択肢の1つだと思って下さい。売却の条件によっては非常に強力な買主となりますが直接やり取りをするには注意が必要です。その為、基本的にはしっかりと仲介業者に依頼をし、買取業者を探しもらうのがオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする